手帳にできない三次元管理!

Toruyaの予約ステータスは、未承認・承認済・キャンセルの3つ。

ホームページから入った予約や、自分以外のスタッフが作成した予約は、全て未承認として保存されます。未承認の予約が入ったらToruyaがお知らせしますので、面倒な予定の確認が必要なくなります。

また、予約ステータスをキャンセルにすると、カレンダーからは消えますが、「過去にキャンセルした予約」としてデータは保存。顧客台帳の利用履歴や高度検索から、キャンセルにした予約を見つけることができますので、お客様から「前回キャンセルしたメニューで予約お願いします」と言われても困りません。